ドコモの新料金で 家族4人の場合に安くなるか検討してみました

先日ドコモでも新料金プランが発表されてギガホ ギガライトが6月から登場します。

予約受付が令和になっての5月22日から開始されるということですが、自分の場合には新料金プランに変更した場合にどのような料金になるかドコモのサイトでシミュレーションしてみました。

スポンサーリンク

ドコモの現在料金と新料金を比較してみた

料金のシミュレーションには、ドコモのサイトの料金シミュレーションを利用しました。

こちらのページでは、現行のプランでシミュレーションと新料金プランでシミュレーションが可能です。

docomo 料金シミュレーションのページ

利用環境などの前提条件

  • 家族を含め4台利用中
  • 通話はほぼ利用なし
  • データ通信は月に合計5GB程度
  • ドコモ光など他のサービスは未契約

端末分割払い金は、どちらでも同じですので載せていません。

現在の利用料金

現在の契約では、代表回線がカケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)の他は、シンプルプランとなています。
データ通信については2台はメール程度しか使わない、後の2台はたまに音楽を聴いたりSNSを使う程度になります。
Wi-Fiでの利用メインとして外ではなるべく使わないように意識して利用を控えているという感じです。

ドコモ 現在の料金

値引き前の利用料金は、4台で1か月当たり14,946円となりますが、4回線の内の3回線については、2020年の6月まで月々サポートが残っている状態です。
この値引き分を引いて計算すると8,736円となります。

新料金プランの利用料金

新料金プランでは、データ通信量が多くなる場合にはギガをになると思いますが、現在の様にデータ通信量を控えて使うことを前提とし2台がギガライトの1GB、あと2台がギガライトの3GBで計算してみます。
通話は、使わないので通話オプションなし(20円/30秒(国内通話))で考えています。
2年間契約で安くなるのでこちらも2年間契約としています。
子回線と表記のままですが新プランの場合は、あまり関係ないです。

ドコモ 新料金で計算

新料金の場合の値引き前の利用料金は、15,032円となりますが、3回線以上で適用されるみんなドコモ割分を値引きすると10,712円となります。

現行・新料金プランどちらが良いか?

値引き後の金額を比較すると現時点では、月々サポートが1年程度残っているので現行の方が月々の支払いが2千円程度安くなるので1年で計算すると2万円安くなる計算ですので月々サポートが切れるまではこのままのプランが良さそうです。

新料金プランへの切替はいつするか?

単純に考えて値引きが月々サポートからみんなドコモ割になることでの2千円の違いが出ていますがたまたま私の利用環境での値引き前の料金が1万5千円前後とほとんど違いがないためですが、今後月々サポートがなくなってしまうようですので端末を新しく購入する、しないにかかわらず値引きがないのであれば、月々サポートが切れるタイミングの2020年6月頃にプラン変更をしてみんなドコモ割の4,320円を値引きしてもらえるようにするのが良さそうですね。
直前になったらどのタイミングで月々サポートが切れるのかなど確認してプラン変更しようと思います。

月々サポートもついていないしすぐにでも切り替えたいという方は、この後に紹介する「新料金プラン My docomoでお手続きキャンペーン」でdポイントがもらえるので参加するのがお得です。

端末購入の割引はどうなるのか 今後の発表が気になる

今回の料金改定で安くなる人の想定として端末を長く使い続ける人が挙げられていますが、実際に端末をそんなに何年も使う人って多いのでしょうか?

私の場合以前は、スマホの裏蓋が簡単に外れたのでバッテリーの減りが速くなるとバッテリーだけ安く購入して交換することが可能でしたのでバッテリーだけ交換して3年とか4年とか使うことも可能だったと思いますが、最近は裏蓋が外れないのでバッテリー交換が簡単に出来ないこともあり、割引で購入もできるので2年程度で新しいスマホを購入することがほとんどでした。バッテリー交換を頼むと高くなりますからね。
これからは、端末購入の値引きがなくなる、あるいは少なくなるのであれば端末の買い替えが難しくなりそうですね。
新しい値引きプランの登場が期待されます。

スポンサーリンク

新料金 家族の増減での料金の違い

旧料金プランでは、シェアパックを利用しているとシェアオプションで家族が増えるとだんだん安く利用出来るという利点がありました。
実際には、シェアする人数が増えると合計のデータ通信量が増えるのでシェアパックを大きなプランにしないといけないかも知れませんが。
今回は、家族4回線での料金を新料金プランでシミュレーションしてみましたが、家族って増えたり減ったりしますよね。
そういった場合に新料金プランでどういった料金になるのか考えてみます。

家族が減る場合

家族が回線が減る状況というのはいろいろ考えられますが、他のキャリアに移るとか、結婚して相手の家族のファミリーとなってしまうとかありますが、新プランの割引であるみんなドコモ割は、3回線以上で一回線当たり1,080円割引、2回線では540円となるようです。
子供が独立するなどして回線が減って2回線になるような場合は、割引額が少なるなりそうです。
ちなみに一人しかいないよという場合でも今までの料金よりは安くなるのかな?

家族が増える場合

家族の回線が増えるというのもよくあると思います。小さかった子供が携帯を持つようになるとか、結婚するとかで家族回線が増えることになりますが、5回線で試してみるとみんなドコモ割の割引額は、一台当たり1,080円割引でした。
試しに10回線でシミュレーションしてみましたが、割引額は1,080円のままでした。
回線が増えたらもう少し割引額も上げてほしいところですが、現行の料金だとしても回線が増えるとシェアパック5の小容量というわけにもいかずに容量アップして料金が上がることになると思うので仕方ないのかな。

スポンサーリンク

期間限定のお得なキャンペーンを2つご紹介

最近ドコモでは、dポイントがもらえるキャンペーンを良くしていますが、今回はその中から2つのキャンペーンをご紹介します。
どちらもドコモのサービスMy docomoが必要ですのでMy docomoアプリを先に入れてそのあとで予約の手続きキャンペーンへの参加がおすすめです。

My docomoアプリ紹介で200ポイントプレゼントキャンペーン

My docomoアプリ紹介で200ポイントプレゼントキャンペーン
こちらは、My docomoアプリを紹介して紹介されたドコモユーザーの方が初めてMy docomoアプリをインストールすると紹介した方、紹介された方双方にdポイントが200ポイントもらえるというキャンペーンです。

まだ、My docomoアプリをスマホにインストールしていない方はこの機会にインストールしてはいかがでしょうか?
家族や友達に紹介することでもポイントがたまります。

キャンペーンの特典

紹介者・アプリをインストールした方それぞれにもれなくdポイント200ポイント(期間・用途限定)をプレゼント。

キャンペーン期間

2019年4月16日(火曜)~2019年5月15日(水曜)まで

キャンペーンの流れ

1.紹介用URLを発行してお友達・ご家族に送信
2.紹介された方が紹介URLからMy docomoアプリをインストールおよびアプリの通知を「受け取る」に設定

まだインストールしていない方はこちらからインストールしてdポイントをもらってください。
dアカウントへのログイン画面後キャンペーンページに移動します。

キャンペーンページへ

新料金プラン My docomoでお手続きキャンペーン

新料金プラン My docomoでお手続きキャンペーン

新料金プランスタートに伴うもので新料金プランへの申し込みを事前エントリーした上で行うともれなくdポイントが500ポイントもらえるというものです。
キャンペーンには、期間がありますのでドコモの新料金プランへの切替を決めている方は参加するとお得です。

キャンペーンの特典

dポイント(期間・用途限定)500ポイント

進呈時期:2019年7月下旬予定

ポイント有効期限:2019年10月31日(木曜)

キャンペーン応募期間

2019年5月21日(火曜)23:59まで

適用条件

①上記期間中にキャンペーンに事前エントリーいただくこと

②2019年5月22日(水曜)~2019年6月30日(日曜)の期間中にMy docomoより「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかのお申込みをいただくこと

③2019年7月1日(月曜)時点で「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかのご契約が適用されていること

docomoキャンペーンサイトより

タイトルとURLをコピーしました